teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


感受性の強い子供の心について

 投稿者:名無しのひつじさん  投稿日:2012年 7月12日(木)01時44分26秒
   題 : 感受性の強い子供の心を、
       結果的に、
         弄(もてあそ)ぶような事が起きています

 今、キリスト教のお祭り「ハロウィン」が、
 日本で、無邪気に行われておりますが、
 そして、
 この魔女が関連するこのお祭りに、
 小さい子供が参加していますが、
 また、
 小学校では「国際感覚を身につけよう」という美名のもとに、
 公的小学校も含めて「ハロウィン」が行なわれ、
 キリスト教系の学生が、
 喜々として駆けつけ、
 一緒になってやっていますが、
 これは美名の下の「キリスト教の巧妙なる伝道行為」です。
 アメリカでも問題となり、
 裁判事例の多い「巧妙なる伝道」です。

 そして、
 この魔女が関連しているこの事例で、子供たちに何が起きたか?、
影響したか?という事例です。

 キリスト教には「 神を恐れよ 」という教義があります。

 魔女事件の場合、
 キリスト教はこの教義によって権威を得ようとしました。
 また、
 教勢を拡大したいとしました。
 その為に、
 「魔女を生かしておいてはならない」の教義があるキリスト教は
「死も辞さない」という姿勢でした。
 「死も辞さない」と言っても自分ではなく、
 相手を死に至らしめる行為でもって権威を得ようという行為です。
 この結果、
 キリスト教は、周りに死の影や戦争が満ち、まとわり付いた歴史
となりました。
 魔女事件の場合、
 年端(としは)の行かない3歳・5歳・7歳・12歳の子供達が憑依
(ひょうい)しました。
 悲しい事です。
 これは、広がりやすい性質を持っていました。
 17世紀、キリスト教司教領で、
 子供だけでなく、
 地域全体が憑依するという事件となって起きました。
 魔女だと言われた女性が、
 自(みずか)らキリスト教聖職者の居る魔女委員会に申し出て、
 「多くの人々の体内に悪霊を祈り込んだ」
 と言いました。
 すると、
 町に憑依した、憑(つ)かれた主婦や子供達、
 大勢の群れが、
 この司祭領や隣接する地域にさ迷い出て来ました。
 憑依した人たちは未成年者が多い状況でした。
 町は混乱しました。
 飛び火しやすいこの現象は、飛び火して行きました。

 スウェーデンの場合は、プロテスタントの村でした。
 憑依した子供たちが現われました。
 子供達は、意外と大人が何をやっているかを知っていました。
 大人たちの言動から魔女とはどういうものかを見聞きし、
 よく知っていました。
 日頃から、キリスト教聖職者は魔女の定型を話をしていました。
 怖い事に感受性の強い子供達は、特に、憑依しやすい状況で、
 親たちは自分たちで救う事を断念するくらいでした。
 親たちは、
 当局へ原因の魔女の撲滅をする様にと押しかけるという騒ぎ。
 国王の調査委員会が取り調べるという事になり、
 騒ぎはますます拡大して行きました。
 また、
 多くの他の村々へ伝染して行きました。
 憑依した魔児は、
 無数の大人たちを告発しました。
 「魔女の踊りをしていた」「悪魔のシナゴーグへ行ったりしてい
る」、
 それを見たと。
 ある村は、
 70人の女性と15人の子供が火炙りとなりました。
 これは、
 国境も越えて広がって行きました。

 ドイツで起きた事例では、
 ほとんどが10歳以下の子供でした。
 子供達は、
 キリスト教の教義と魔女を自己流に織りなして語りました。
 想像力の強い子供達は、
 「魔女のサバト」「天国の幻視」「最後の審判と地獄の使者」を
語り、告げるという状態でした。
 驚くことに「デーモン(悪魔)との性交渉」の詳細な証言に裁判
官(キリスト教裁判所の聖職者の裁判官)もびっくりしている状況
でした。
 「ハッピー・ハロウィン」と仕掛け人は、洗脳いたしますが、決
して「ハッピー」ではありません。これは洗脳のための言葉です。
 (参考)とし‐は【年端/年歯】 年齢のほど。年齢。としのは。
「―のいかない子」
 (参考)ひょう‐い【憑依】 [名](スル) 霊などがのりうつるこ
と。「悪霊が―する」 」

参考URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
  URL: http://32983602.at.webry.info/
 
 

漂流するボートに居た4人は・・・

 投稿者:誤った宗教に未来はありません  投稿日:2010年 6月 2日(水)03時53分7秒
  題:漂流するボートに居た4人は・・・
 キリスト教は、「(キリスト教の)神の義があれば」という言い訳を与え、
 人間を「物と同様」に考えて良いと教える。
 そして、「(キリスト教の)神の義があるなら、人を殺して良い」 と言う。
 そのキリスト教の教えで、他人を殺戮し、略奪する行為が、
 累々と人の命を奪うキリスト教の歴史が、展開される。
 現代でも、この悲惨な行為は 行われている。
  聖書に「異教徒を殺せ」「魔女は生かしておいてはならない」等の
 「殺人指令」を厳然と存在させている。
  事 例 :
    漂流するボートの中に置かれた4人のキリスト教徒は、
   このキリスト教の教義が思考形態の中にある。
    そして、なんだかんだと意味付けし、
    ある一人の人間の命を奪う。
    そして、自分の糧とする。
    その中のある者が日記に記す
   「 『 朝食 』 を食べている時、
           発見され、救われた」・・・と。
  (NHK,2010・4・24、am1:05,ハーバード白熱教室を見て思う)

 ーー(若い方達へ)ーーー

 キリスト教は 贈り物とか、讃美歌とか、外見上は優しく見えますが、
 若い方達は 特にご注意ください。
  虐殺や戦争の事例が実に多い 宗教です。
  それは『(キリスト教の)神の義によれば、人を誅しても良い』という
 教義から来ております。

  他人を絶対にあやめてはいけません。

  間違った宗教に幸せな未来はありません。
  キリスト教の罪悪の一例である、ヨーロッパの30%もの方々が亡く
 なった戦争事例がどの様なものかをお調べ下さい。

  そしてまた、この%の異常さをお感じ下さい。
  どの宗教も同じという話は無くなると思います。
  やはり、
       教え・教義からくる悲惨な結末なのです。
 

旦那とマンネリです…

 投稿者:かよこメール  投稿日:2009年12月11日(金)16時13分26秒
  最近旦那とマンネリで全然Hしてません。正直もうかなり欲求不満です…誰か相手してくれる方いませんか?空いている時間は多いと思うので都合は合わせやすいと思います。お互い楽しめる関係になりたいな。人妻でも平気な人いたら是非相手してください☆一応18歳以上の人限定でお願いします。上はどこまででも大丈夫なんで excellent.lady@docomo.ne.jp  

お礼

 投稿者:にしむらメール  投稿日:2008年12月24日(水)20時58分46秒
  青頸様 有難うございました。  

Re:「説一切有部」

 投稿者:青頸  投稿日:2008年12月21日(日)12時54分23秒
  にしむらさま、いらっしゃいませ。

「説一切有部」の名前の由来は、その教理にあります。
有部によると「法は三世に実有」であると説かれますので、一切が有であると説く部派という意味で「説一切有部」となったと言われています。
部派仏教の時代には、もっとも勢力を持った部派の1つでした。
 

「説一切有部」

 投稿者:にしむらメール  投稿日:2008年12月20日(土)21時23分51秒
  「説一切有部」この名前の付いた由来をお知らせ下さい。  

Re:大乗派は部派から出現

 投稿者:青頸メール  投稿日:2008年11月 7日(金)13時48分41秒
  モンブランさん、こんにちわ。

>部派においてすでに大乗の言葉が存在していたといいます。

当然そだと思います。原始・部派・大乗は、かっちりここまでと区別できるものではなく、連綿と続く中での変化です。部派の時代にも既に大乗に繋がる思想は発生していたと考えられます。

>所謂大乗運動というものは、そうすると部派から出た、なかでも大衆からでたという説は
>非常に確率が高いといえるのでしょうか。

歴史では、前がなくては後がないのはどんな宗教・思想においても同じです。
釈迦がいなければ仏教が存在しなかったように、部派の時代がなければ大衆部もなく、大衆部がなければ大乗は出現しなかったと思います。ちなみに、大衆部は部派の一派です。

>袴谷説などは佛教教団内部からでなくては出現不可能といいますが。

袴谷氏が言っている意図がちょっと分かりませんが、大衆部は教団外部ではありません。
釈迦の時代に、比丘・比丘尼と並んで、優婆塞・優婆夷という4つのグループによって仏教教団は構成されるとされています。袴谷氏は優婆塞・優婆夷は在家だから教団外部のグループと考えておられるのかもしれませんが、在家の存在なしには出家集団の存続はあり得ませんでした。
在家は知識がないから教義に関わっていないというのであれば、釈迦はバラモン教の教え、特にブリハット・アーラニヤカ・ウパニシャッドの知識を持っていたと考えられますので、王族や長者なども教養人としてウパニシャッドの知識を学んでいたでしょう。そこから切磋琢磨して仏教思想は少しずつまとまっていったのだと思います。いきなり釈迦の多岐に渡る思想が発生したのではなく、覚った35歳から亡くなる80歳までの間、釈迦自身も進歩していったし、弟子たちも育って優れた思想を作りました。十二縁起などはサーリプッタの作とも伝えられています。釈迦の縁起説は4~5段階だったとも。

>大乗には部派批判がふんだんに出てきますが、それは仲間割れなんですね。

仲間割れというより、部派各派同士は仲が悪く、その思想が対立するため激しい論戦を繰り返しました。中観派の龍樹が有部を論破した中論などはよい例です。
ただ、経量部時代の世親が有部にスパイとして潜入し、有部の思想をまとめた倶舎論は、あまりの完成度に、有部が自分たちの弟子に教えるときの教科書になった、ということもあります。敵であれ、優れたものを認めるのはインド人の良い性質だと思います。
世親は兄の説得に応じ大乗仏教に趣向替えし、唯識派(瑜伽行派)を作ります。世親のベースはアビダルマであるため、唯識思想にはその影響が強く残っています。

>とくに有部は大きくなりすぎてさらに分裂、その一部が所謂大乗、となるのでしょうか。

仏教の部派の系図は複雑で、今は残っていない派閥がほとんどです。部派の時代に有部は一代勢力でしたが、その思想は釈迦の説から逸脱する部分を含んでおり、それが論争の種にもなりました。

部派仏教の系図(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E6%B4%BE%E4%BB%8F%E6%95%99

>ですから有部と大乗の「空」の思想が対極的にあるとみれば説明しやすい。

有部はその名の「説一切有部」のとおりの思想を展開しました。「法は三世に実有」という実有論を展開し、空論を中心とする般若派から出た龍樹はそれを猛攻撃しました。般若派では、あらゆるものは実有ではないからです。龍樹は中観派を立てますが、般若派と対立するものではなく、その一派として活動します。空の思想は、般若派と龍樹の得意分野でした。
その後、経量部から移ってきた世親が唯識説を立てると、空の思想もだいぶ誤解されるようになったと自分は感じています。

>また全然別件ですが、「大乗経典」と「大乗仏典」の違いはあるのでしょうか。

特にありません。同じ意味と考えてよいと思います。
 

大乗派は部派から出現

 投稿者:モンブラン  投稿日:2008年10月31日(金)15時54分59秒
  お返事有り難うございます。

長阿含「遊行経」と単経「般泥恒経」に

仏為船海師 法橋渡河津
大乗道之興 一切渡天人

というのがあるらしくて、部派においてすでに大乗の言葉が存在していたといいます。
所謂大乗運動というものは、そうすると部派から出た、なかでも大衆からでたという説は
非常に確率が高いといえるのでしょうか。
袴谷説などは佛教教団内部からでなくては出現不可能といいますが。

大乗には部派批判がふんだんに出てきますが、それは仲間割れなんですね。
とくに有部は大きくなりすぎてさらに分裂、その一部が所謂大乗、となるのでしょうか。
ですから有部と大乗の「空」の思想が対極的にあるとみれば説明しやすい。

また全然別件ですが、「大乗経典」と「大乗仏典」の違いはあるのでしょうか。
 

Re:小乗から出た大乗

 投稿者:青頸メール  投稿日:2008年10月31日(金)02時03分5秒
  モンブランさん、お久しぶりです。

掲示板の宣伝利用は、テーマ違いでない範疇で黙認しています。
内容的に微妙なものもありますが、そこにアクセスした人が何を思うかは管理人の責任範疇外だと思いますので。

大乗経典については、原始仏教・部派仏教・大乗仏教(大衆部)の時代分けが厳密にはできず、時代が重なっているものもありますので、経典編纂については様々な問題があると思います。研究者の意見も分かれていますし。

大衆部は在家が中心とされていますが、在家には経典を編集する能力はなかったでしょう。大衆部についた部派比丘がその編纂に関わったと考えられています。根本分裂(大衆部の発生)ではサンガ自体が分裂しましたから、大衆部についた比丘も多くいましたし。
また、大衆部の時代は今言うところの「大乗仏教」はまだ成立しておらず、部派仏教の時代です。大乗仏教と言われる中観派の龍樹も、瑜伽行派の元となった世親も部派仏教ですし。

今いうところの「大乗仏典」(フィクショナルな物語)が出来るのは、雑多な経典を除くと一番古い法華経で紀元1世紀とされていますから、時代は随分後になります。
法華経第25品、いわゆる観音経はそれより1世紀ほど古いとされていますが、内容的には大乗的です。顕教の最後の仏典、華厳経が5世紀の成立と言われていますが、この頃になると原始仏教や部派仏教の直接的な内容は含まれていません。
 

小乗から出た大乗

 投稿者:モンブラン  投稿日:2008年10月30日(木)23時33分20秒
  青頸さんお元気でしょうか。
掲示板が宣伝に使用されているようですね。

「大乗經典」もこれら部派比丘によって在家教化の目的で「編集」されたものらいしですが、そうなのでしょうか。
 

レンタル掲示板
/15